So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

魔法のなべと魔法のたま [My favorite 好きな本]

先日、夜のドライブ
何千匹ものホタルが飛び交う幻想的な光景は、魔法の国のようでした。
写真に映らなかったホタルの光…あれは、幻だったのかな…

*******
このブログの記事、今まで たくさん書いて、たくさん消しちゃったから、カーライさんのことを再び…

*******

もう20年位前のことですが、千葉の図書館で、棚から何気なく抜き出した1冊の絵本。
その本を見たとたん、体じゅうに電気が走ったような衝撃を受けました。

心の奥底で探していたものに、やっと巡り合えたような感覚。
私の大好きなヨーロッパの色、香り、空気が伝わってくる絵。

すぐその本を借りて、家でずっと眺めていました。
それからも、何度も何度も返しては借りるの繰り返し…

それが、ドゥシャン・カーライさん絵の「魔法のなべと魔法のたま」

私の生き方を変えた本。
この時から私、絵本描こう、と思いました。
kallay1.jpg


なぜ、こんなに魅かれるのかわからない。
この絵を描いた人が、どこの誰だかわからない。
現在生きているのか、過去の人なのかさえわからない。
何もわからないけれど、憧れの画家。私の偶像。

*******
それから何年か時が流れ、
武蔵野美術大学でドゥシャン・カーライさんが、絵本学会の講演に!
カーライさんは、スロバキアのブラティスラヴァ美術大学の教授であり、大きな賞を何度も受賞している世界的な絵本作家だと知る。日本では、まだ知名度が低かっただけ。

同じ時代を生きていたんだ。
遠いけど、本物に出会えた奇跡。

*******
その後2009年に
なんと、なんと、板橋美術館 冬のアトリエで、カーライ先生に指導してもらえるという機会に恵まれました。
目の前にカーライ先生がいて、直接お話できて、アドバイスしてもらえて、勇気もらえて…
信じられない、ふわふわ 地に足がついていない。
カーライ先生が熱血指導している時、熱弁した瞬間、カーライ先生の頭から金色の光が ミストシャワーのごとく出ているように見えたから、不思議…これやっぱり夢かと思い…
腕をギュッと つねってみたら、い、痛かった。
これ現実なんだ。

kallay3.jpg
ご夫婦へ、みんなで寄せ書き。少し覚えたスロバキア語で。
kallay4.jpg
ここ、ヨーロッパの鉄道じゃなくて、東武東上線だよー。

*******

あの日、図書館の棚から偶然抜き出した1冊の本。
強く思っていると、本当に繋がっていくんだ。

目には見えないエネルギーの糸で。
奇跡ではなくて軌跡。

*******
つかもうとしても つかめない、ホタルの光は…
幻のようだけど、幻じゃない。
ちゃんとそこに 存在していたこと。

kallay2.jpg
なかなか手に入らない カーライさんの本。

不思議の国アリス

不思議の国アリス

  • 作者: ルイス・キャロル
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1990/02
  • メディア: 大型本

nice!(6) 
共通テーマ:アート

願いが叶う虹と、火と、私 [Life 雑記]

5月のこと、空を仰ぐと・・・

niji.jpg

水平の虹!

偶然が重なった時だけ 現れる珍しい虹、環水平アーク
これを見ると、願い事が叶うと 言われています。
感動してると・・・まもなく、はかなく消えていきました・・・

hi.jpg

5月28日、毎年参加している八海山大倉口の火渡りです。
渡る前に、気を入れていただき、熱い神道を歩いていきます。
心願成就
渡りきったから、きっと・・・

**********

そして、私の・・・

kookaburra1.jpg

このブログは、ずっと名前を隠して書いてきました。
だからこそ、自由に書けたこともあったけど。

絵本を仕事にしようと、飛びこんだところは、想像以上に厳しい世界でした。
だけど後には戻れなくて・・・
ゆっくりでも進むことしかできなくて・・・

そんな思いで始めたのが、このブログです。2010年3月・成田
いつか、夢はきっと叶うと・・・

そして、ひとつだけ夢が叶ったので、
別に作っていた私のホームページと繋げました。

**********





夢は、まだまだ続きます。。。。。



nice!(10) 
共通テーマ:アート

紙芝居出版しました [Information お知らせ]

pippi.jpg
2017年度定期刊行紙芝居6月号

「こわがりつばめのピッピ」
こいずみゆうこ 脚本
福田岩緖 絵

*******
童心社のホームページから、一部 立ち読みできます~
http://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494092574

*******

私の紙芝居脚本デビュー作品です!

ここまでくるのに、長い道のりでした。
8年前から、童心社編集者さんに作品を見てもらっていましたが、
紙芝居を作る難しさに、何度か挫折し、数年連絡が途切れていました。
もう無理かもと…

それが、出版までたどり着けたのは・・・


あのとき・・・(当時のブログ読み返して、蘇ってきた…)

私、歩き回ってヘトヘトになって座ったら、隣で声をかけてくれた女性。
その方と出会ったことがきっかけで、
切れた糸が、また繋がったのです。
もう一度、学び、創作、出版社に通いました。

あきらめなければ、どんなに時間がかかっても、夢は叶うのですね。。。

*******
追記・・・

「こわがりつばめのピッピ」が、文部科学省選定されました!
・学校教育教材 小学校低学年向き
・社会教育(教養) 幼児向き

たくさんの幼稚園や、たくさんの図書館に置いていただいて、ありがとうございます。

心あたたまる感想や、演じた様子を教えてくださって、ありがとうございます。
感動しています。。。

*******

Amazonでも取り扱っています

こわがりつばめのピッピ (ともだちだいすき)

こわがりつばめのピッピ (ともだちだいすき)

  • 作者: こいずみ ゆうこ
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 2017/05
  • メディア: 大型本
*******

nice!(7) 
共通テーマ:アート

遅すぎる春 [Go out お出かけ]

haru2.jpg

やっと 雪解け。

やっと 芽生え。

どんなに遅くなっても、春は やってくる。

着替えをして、ちょっとずつ 外に出てみようかな・・・


nice!(7) 
共通テーマ:アート

網膜剥離に・・・ [Life 雑記]

久しぶりの更新です。

昨年12月、右目の網膜に大きな穴があいて、そこから水が流れ出て、網膜剥離になっていました。
病院行ったら、即手術。

右目の下半分は、もう 見えなくなってしまいました。
この先も、治らないそうです。

視野が狭くなっただけでも、世界が変わってしまったように感じます。

我慢しないで、もっと早く病院に行っていれば良かったと、自分を責めても、
過ぎてしまった過去には、戻れないから…
未来を見て、前向きに生きていこうと思います。

忙しかったお仕事を辞めて、 家で4ヶ月間のんびり過ごしていたけれど、
逆にいろいろ考えすぎて、マイナス思考になっていました。
心と身体のバランスとるの、難しい…

今日から担当医師が変わり、初めての先生。
見えない部分は、もう治らないから、自分の体と うまく付きあうように。
あまり気にしすぎないように、と…。

私も、4カ月経って、丁度そういう気持ちになっていました。

できないことを 数えるより、
できることを 探していこう!


nice!(7) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。