So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

The Night Life of Trees [My favorite 特別な本]

gita.jpg
Tara Books,インド

イタリアのボローニャブックフェアーに、初めて一人で行った日のこと

あまりの大きさに圧倒されて、どうしたらいいのか分からなくなり、不安がつのるばかり…
私は、広い海の上を ゆらゆら漂っている舟のようでした。

その時、一番最初に手に取った本が 「The Night Life of Trees 」 でした。
ずっしりと手に馴染む 黒い紙の本。
シルクスクリーンの インクの香り。
凹凸のある 印刷。
引き込まれそうな 神秘的な絵。

今まで見たことのない絵本に すっかり魅了されてしまった。
そうだ、私は こういう出会いを求めて、イタリアまで来たのだ! と、我に返った。

大きな世界の市場で、初めて手にした一冊の本は、運命の本でした。

*********************

その年の夏・・・
あの本の編集者ギータ・ウォルフさんが、夏のアトリエの講師で、
私は、とびきりハードで 刺激的な一週間を 過ごすことになったのです。

本の歴史の講義から始まり、数日間で チームで本を制作し 発表しました。
ギータさんの指導すごかったです。

gita3.jpggita2.jpggita11.jpg

本に対しての概念が覆されました。

日本では、売れる本づくり、絵本の規制、コストや、人の目や様々なことが気になって、作ることが怖くなっていたのです。

*********************

あれから4年・・・
ギータさんと再会! うれしい~!

板橋区立美術館で、タラブックス展が開催されることになりました(現在開催中 1/8まで)

gita4.jpg
タラブックスのギータ・ウォルフさんとV・ギータさんのトーク

gita5.jpg
初日のレセプションで 南インドの料理

gita7.jpg
4年前のギータ組が制作したプレゼント

gita6.jpg
お二人の歓迎会は イタリア料理 (ボローニャの…!)

gita9.jpg
コクヨホールでのシンポジウムに参加しました。充実感。。。

*********************

美しい本の裏側には、小さな出版社の たゆまぬ努力と 知恵と 工夫と 熱さが 隠されていたのです。

国際見本市では、その時に目に見える成果が無かったとしても、何年も月日が経ってから 繋がることもあるのだな・・・
それは、紙芝居も そうでした。

本や人との出会いは、大切。 一生忘れることはないでしょう。


nice!(11) 

紅葉の旅 ふたつ [Go out お出かけ]

天気が良かったので、ぶらりと、只見線に乗りました。
「紅葉の美しい鉄道路線」第1位 の車窓。
新潟県小出駅から 福島県只見駅まで行って、折り返し 戻ってきました。

tadami10.jpg

tadami011.jpg

山に向かって行くと、木の色が 緑から黄、赤と色づいてゆき、帰りは、空の色が翳り オレンジ、ピンクと移ろいゆき、駅を出る頃は、 帳が下りて 群青色の町。
刻々と変化していく光景を、早送りで眺めていた。

なんだか、人の一生を見ているような 鉄道の旅でした。

私は、今、何色の上を 歩いているのだろう・・・
折り返して、黄昏色あたりかな?

**********

それから一週間後に、電車と バスを乗り継いで、十日町の鉢へ。
どこもかしこも美しい。すべての色が集まるこの季節。

hathi04.jpg

廃校を利用した 絵本と木の実の美術館

hathi07.jpg

今宵は、征三さんと、アーサー・ビナードさんと、まむし酒。

*******

まむし酒を運んだ時、手についた強烈な におい。

蘇る 懐かしい におい・・・

それは、むかし祖母の部屋にあった茶色いビンと同じ におい。
薬だと言っていた 古いまむし酒。

*******

アーサーさんが、まむし酒の作り方 教えてくれました。
それから・・・
マムシに噛まれた時の対処法 教えてくれました。
そのマムシを食べると 毒が弱まるよ・・・って・・・ムリムリ

でも、すごく興味がある まむし酒。
魔法の薬。

タグ:只見線
nice!(14) 

かめばあちゃんのつり [My work 絵本制作]

kame表紙1.jpg


かめばあちゃん、せっかく大きな魚をつりあげたのに、ちがうんですって。

「わたしが ほんとうに つりたいもの・・・」

それは、これよ!

かめじいちゃん!


**********

ナンセンスなお話、作っちゃった。
のびのび 楽しく 面白く。

だけど、人に見てもらったら、なんて悲しい話…と
感じ方は、人それぞれ。

良いと言ってくれる人に出会うのは、難しい。
どこにも いないかもね。 じっと待つかな。

**********

かめばあちゃんは、自らの手で 運命を たぐり寄せていきます。

きっと、運命の糸は、誰もが持っていて、
いろんな所に 張りめぐられているのでしょう。
人と人がすれ違うと、こんがらがってしまうのです。

だから、ほどいて いかなければ・・・自らの手で。

**********

nice!(9) 

魔法のなべと魔法のたま [My favorite 特別な本]

ホタルを見に、夜のドライブへ
何千匹ものホタルが飛び交う幻想的な光景は、魔法の国のようでした。
だけどホタルの光は、写真に映ってなかった…
あれは、幻だったのかな…

*******
もう20年位前のことですが、千葉の図書館で、棚から何気なく抜き出した1冊の絵本。
その本を開いたとたん、体じゅうに電気が走ったような衝撃を受けました。

心の奥底で探していたものに、やっと巡り合えたような感覚。
私の大好きなヨーロッパの色、香り、空気が伝わってくる絵。

すぐその本を借りて、家でずっと眺めていました。
それからも、何度も何度も、返しては借りるの繰り返し…
絶版本だったから、もう手に入らなかった。

それが、ドゥシャン・カーライさん絵の「魔法のなべと魔法のたま」

私の生き方を変えた本です。
この時 「私も、絵本描こう」と決めました。
kallay1.jpg


なぜ、こんなに魅かれるのかわからない。
この絵を描いた人が、どこの誰だかわからない。
現在生きているのか、過去の人なのかさえわからない。
誰に聞いても、知らないという。
何もわからないけれど、憧れの画家。

*******
それから何年もの時が流れ・・・

ドゥシャン・カーライさんが来日すると聞きました!
武蔵野美術大学で、絵本学会の講演に。私は 遠くから拝聴。
カーライさんは、スロバキアのブラティスラヴァ美術大学の教授であり、世界的な絵本作家だと知る。
あの頃 日本では、まだ知名度が低かっただけなのです。

同じ時代を 生きていた人なんだ。
遠いけど、本物に出会えた奇跡。

*******
そのまた何年か後の2009年に・・・
なんと、板橋美術館冬のアトリエで、カーライ先生の指導を受けるという機会に恵まれました。
目の前にカーライ先生がいて、直接お話できて、アドバイスもらえて、勇気もらえて…
信じられない、ふわふわ 地に足がついていない。
カーライ先生が熱弁した瞬間、何度か、先生の頭から金色の光が ミストシャワーのごとく出たから、不思議…
これはやっぱり夢かと思い…
腕をギュッと つねってみたら、い、痛かった。
これ現実なんだ。

夢か現か よくわからなくても…直接いただいた言葉だけは、忘れません。

kallay3.jpg
最終日、ご夫婦へ寄せ書き。少しだけ覚えたスロバキア語で。


*******

あの日、図書館の棚から偶然抜き出した1冊の本。
思っていると、本当に繋がっていくんだね。

目には見えない糸で。
奇跡ではなくて軌跡。

*******
つかもうとしても つかめない、ホタルの光は…
幻のようだけど、幻じゃない。
ちゃんとそこに 存在していたこと。


**********

アンデルセン童話全集Ⅰ

アンデルセン童話全集Ⅰ

  • 作者: ハンス・クリスチャン アンデルセン
  • 出版社/メーカー: 西村書店
  • 発売日: 2011/08/03
  • メディア: 大型本


nice!(6) 

願いが叶う虹と、火と、私 [Life 雑記]

5月のこと、空を仰ぐと・・・

niji.jpg

水平の虹!
偶然が重なった時だけ 現れる珍しい虹。
これを見ると、願い事が叶うと 言われています。
今年も見ることができました!

hi.jpg

5月28日、八海山大倉口の火渡りに参加しました。
渡る前に、気を入れていただき、熱い炭の神道を歩いていきます。
心願成就
渡りきったー!

**********

それから、私のこのブログは、ずっと名前を隠して書いてきました。

kookaburra1.jpg

絵本を作ろうと、飛びこんだところは、想像以上に厳しい世界でした。
だけど後には戻れなくて・・・

そんな思いで始めたのが、このブログです。2010年3月・成田

その時 祈ったことが、ひとつ叶ったので、
名前を出して、ホームページと繋げました。↓






nice!(10) 
前の5件 | -